ソシオ横浜 第6期定期総会 議事録
日時: 2004年4月24日(土) 18:00〜20:00
場所: かながわ県民サポートセンター15階 1501号室
出席理事(五十音順):杉山、畠野、藤原
出席監事:久田
出席会員 計8名(議決時の出席者は7名)
※ 当日会場にてソシオ入会希望者2名の入会手続きを行った。
(ソシオ横浜の会員数は現況19名)


一.第6期役員選挙結果報告

ソシオ横浜第6期選挙管理委員長 岩井 順一氏から役員選挙結果を次の通り報告した(3月15日発表済み)。

二.総会議長選任

第5期理事会は岩井 順一氏を総会議長に指名した。

三.議決事項(2件)

◆第1号議案:
理事当選者3名を理事とする事と、当選者全員の監事就任依頼により久田 道正氏を監事とする事を承認する。
◆第2号議案:第6期理事全員一致により、理事会が第5期同様『連帯責任制』を採用する事を承認する。

両議案とも、総会出席者(第6期更新予定者、委任含む)全員の賛成により承認された。
よって第6期理事は、杉山・畠野・藤原 (50音順)3氏の理事にて理事会を発足し、久田氏を監事とする事と、理事会は連帯責任制で運営する事が承認された。

【補足説明】

――― 上記2件以外に議決事項は無く、次の通り報告と討議を行なった。 ―――

四.第5期理事会報告事項 (2件)

1.本間理事の退任について
本人から提出された、本業多忙を理由とする退任届(2004年2月1日付)を受理した事を2月に発表済みであるが、その退任届を出席者に開示した。

2.第5期事業報告
■事業報告書の説明

【関連報告】
■『ソシオ横浜』の商標登録についての報告[久田(5期で商標担当理事)]
申請準備をほぼ終えたところで停止しており、実際に届を出していない。
商標申請を停止している理由は、以下の通りである。 五.質疑応答(上記すべてについて) 藤原理事の意見:ソシオフリエスタも固有名詞として扱っていたという判断だったが、YFSCの商業活動の妨げになる、 という事などで先方は争ってきた。改名後は同じ事がないようにしよう、という事での商標登録の話があったので、ソシオフリエスタの商標登録を参考に申請しておくべき。

六. 6期理事会の報告と討議(以後の報告はすべて6期理事会による)

1.事務局について
事務局は現在暫定的に理事会と5期事務局で運営中。会員有志の事務局員応募を受け付けたい。

【事務局についての質疑応答】

2.理事のクラブ事務所訪問の概要 3.6期事業計画の報告 4.ソシオのクラブメンバー[グループメンバー枠]への参加 5.クラブメンバー参加以外で、クラブとの協力・支援の検討 【上記3.4.5.についての質疑応答】 【意見】 6.訴訟カンパ費の剰余金返済について 【意見】 7.ソシオプロジェクト 以上で総会は閉会し、会場予約時間の残り20分程度を全体の質疑応答(意見交換会)とした。

【意見交換会での発言】

  1. クラブとの協力関係を発展させるには、まずクラブメンバーのグループメンバーに入る事が第一歩と思う。ソシオがクラブにメリットのある活動をどれだけできるかが、ソシオの将来にとっても重要であろう。
  2. カンパ金精算について、実際の返金告知から返金受領に至る作業は膨大なものになるだろうから、可能な限り会員の作業応援を得たほうが良い。
  3. クラブに対して、次ぎの様な提案した事がある。ソシオが提案してみるのも面白いと思う。
以上
2004.4.28 ソシオ横浜理事会